鍼灸にはこんな効果があります

鍼灸は、生体に備わった自然治癒力を賦活させることで不調を整えていきます。

「はり」は神経機能を刺激し、神経系の最高中枢である脳を活性化し自律神経やホルモン、免疫力まで高めることができるダイナミックなものです。

「きゅう」は温熱刺激ではりの治療的作用に加え、造血、止血、強心作用があることがわかっています。

 

当治療室で行う「積聚治療」は病を根元的な冷えが生じたものと考えています。 根元的な冷えとは、感覚的な冷感はもちろんのこと、筋肉の力の無い状態や機能の衰えも含みます。また逆に発熱などのように、異常に機能が興奮しているものもその深部に冷えがあると考えます。 主に腹部、背部に接触鍼をして、陰陽のバランスを整えることにより、本来もっている自己治癒力を発揮できる状態に整えていきます。

 

はりやきゅうは、同時にいくつもの不調や、名前のついていない病や不定愁訴にも対応することができる所以です。


当治療室には頭痛、首こり、肩こり、背中の張り、五十肩、腰痛、ひざ痛、手術や骨折、怪我・交通事故の後遺症、胃のむかつき、食欲不振、便秘、下痢、痔、月経前症候群(PMS)、更年期障害、アトピー性皮膚炎や疲れなど、様々なお身体の不調の方が見えています。


WHO(世界保健機関)では、次のように定めています  鍼灸療法の適応とされた疾患

〈神経系疾患〉 

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー 

〈運動器系疾患〉 

関節炎・◎リウマチ・頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎ 腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 

〈循環器系疾患〉 

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ 

〈呼吸器系疾患〉 

気管支炎・喘息・風邪および予防 

〈消化器系疾患〉 

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔 

〈代謝内分泌系疾患〉 

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血 

〈生殖、泌尿器系疾患〉 

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎 

〈婦人科系疾患〉 

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊 

〈耳鼻咽喉科系疾患〉 

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎 

〈眼科系疾患〉 

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい 

〈小児科疾患〉 

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善


症例

はりきゅう治療室恬淡の症例集です。

PC版のホームページにてのご案内となります。