· 

癒されること

癒されること
【癒されること】が第一と考えています

心と身体は「心身一如」といって、東洋医学の基本です。「病が癒える」「傷ついた心が癒える」、心も身体も【癒されること】で幸せを感じます。

 

西洋医学では技術の高度な発達により、難しい病気でも治る時代になってきています。しかし病気は治ったが人は置き去りになっていると言われて久しく、手術の後遺症、薬の副作用で苦しんでいる方たちがたくさんいらっしゃいます。

 

東洋医学のいいところは、全人的な見方をすることであり、副作用がないことだと言えます。

 

これからは、東洋と西洋とうまく合わせていくことが肝心です。

 

お薬は弊害が多いですから、健康を考えると少なくするに越したことはありません。

 

例えば、高血圧や痛みなどは薬を使わなくても鍼灸マッサージでコントロールができます。風邪もひき始めに鍼灸を受けておくと軽くすみます。

 

リラクゼーション目的ではない、真の鍼灸マッサージの技術だからこそ可能なことなのです。