· 

補うこと

補うこと
【補うこと】をしていく鍼灸マッサージです

その症状は、あなたの芯部に何かが起こって、あなたの生命力を損なった結果と考え、常に【補うこと】をしていきます。

 

例えば、 腰痛が起きた場合、様々な誘因が考えられるものです(重いものを持ったとか椎間板ヘルニアになったなど)が、それまでは重いものを持っても腰痛にはならなかった、椎間板ヘルニアは起こらなかったとすると、真の原因は腰にあるわけではないことになります。

 

あなたの身体の芯が冷えて身体が疲れ、その結果として腰が痛んでいると解釈しますから、常に痛むところ(この場合は腰)だけでなく、全体を診ながら施術していきます。補うことをしながら変化を見ていくと患部の痛みも和らいできます。

 

【補うこと】とは、身体の芯を温めるイメージです。痛むところに直接施術をしても身体の芯の状態がおろそかになっていたのでは、再発してしまうことが多いといいます。

 

ですから、様々な症状に惑わされることなく、結果的にあなたの全体を診ていくことが可能なのです。