シニア・マラソンランナーの日によって移動する膝痛や腰痛

ランニングのイメージ
マラソン大会が増えるにつれ足痛が増えています

ベテラン週末マラソンランナーの方のケース。

普段は月曜から金曜までパソコンを使ったお仕事、週末はランニング、ジムでトレーニングをしていらっしゃいます。

 

週末 マラソン大会

翌日 左大腿の外側が痛くなった

翌々日 腰が痛くなった

と、ご予約のお電話をいただきました。

 

まず翌日に残る痛みは、走っていた時のバランスが悪く負荷がかかっていた場所と考えていいと思いますので、次のトレーニングの参考になります。一晩寝ても痛みが取れていないのは疲れが取りきれていない証拠ですから、まずは養生を心がけるといいでしょう。

 

健康志向の高まりで週末アスリートは増える一方ですが、どんなスポーツでも身体を限界まで使い尽くす過酷な行為という面があることも事実です。走ることにより筋肉や関節は痛み、赤血球は相当数壊されます。充分に回復させて次にトライすることが大切です。

 

痛みの場所が移動する場合は、日頃の姿勢から来ていることも考えてみなくてはなりません。身体を酷使した後ですから、いつもの姿勢による負荷でも痛みが出ているのかもしれません。

 

痛みが慢性的に続くことは、将来において健康を蝕むことにつながることがわかっています。痛みを無理なくとるには鍼灸があっていますので、上手に利用していただけたらと思っています。