· 

免疫力を高める食事考

色とりどりの有機野菜
土が変われば菌も変わる

新年のNHKスペシャルで免疫と腸内細菌の深い関わりを放送していました。

 

体内の免疫細胞のうち7割もが腸の内壁に集まっており、小腸にあるパイエル板という場所では運ばれてきた「異物」を免疫細胞に触れさせ人体にとって有害なものを学習させているということがわかったそうです。

 

また、免疫細胞の中には「異物」を攻撃するものではなく、増えすぎた攻撃性の免疫を制御する「Tレグ(制御性T細胞)」があることも発見されました。Tレグは特定の腸内細菌により作られていますが、その腸内細菌が減ることにより近年増えてきたアレルギーや自己免疫疾患が発症するのではないかと考えられているとのことでした。

 

この特定の腸内細菌はマウスの実験で、植物繊維により活性化されることがわかっているそうです。

 

植物繊維といえば、糖尿病の最新の食事療法でも注目されていますが、古き良き時代の東洋の食事にたくさん含まれています(玄米や全粒穀物)。

 

近年のアレルギーや自己免疫疾患の増加は、食事の欧米化、ファストフードに元凶があるとの見方が大筋なのです。

 

ここで「植物繊維をたくさん摂る食事」が大切になるわけですが、もう一つ忘れてならないものがあります。

 

それは、腸内細菌をどうやって増やすのかということです。

 

特定の細菌を薬のように飲む(食べる)ことが食事産業やサプリメント産業によって盛んになってきていますね。

より健康的に考えれば、普段の食べ物から菌を特定せずに体内に取り込むことがいいのではないでしょうか。

 

有機野菜には豊富な細菌が取り込まれているのをご存知でしょうか。

少しお高いですが、サプリメントを購入することを考えれば納得できるのではないでしょうか?

 

有機野菜は採れたてを送ってくれるところもたくさんあります。栽培方法も種類も豊富です。土が変われば細菌も変わりますね。楽しみながら食してみてはいかがでしょう。